専門家に任せるメリット

冒頭でもご説明しましたが、人工透析を受けたもしくは人工透析を受ける場合、高い確率で障害年金がもらえます
ただすべてが受給できる場合ではありませんし、しっかり受給するためにも専門家に相談した方が良いでしょう。
まずここでは、なぜミスをすることができないのかの理由をご説明します。

 

不服申し立ては、覆りにくい!

審査官は都道府県の社会保険事務局に最低2名はいますが、制度自体は「独任制」といって、それぞれが事件を一人で審理、決定しています。
しかも審査官自身はまだ席が行政側にあるため、まず公正な審理は期待できないのが実状です。
そのため、障害年金の不支給や低い等級になった場合は、覆りにくいというのが現状です。

1.障害年金の現状届け出により2級非該当となっている
2.カルテがなくて初診日に関する証明が取れない
3.医療機関の認識不足による診断書の不備で非該当になるなどし、診断書を作成してもらえない。
4.行政窓口の誤認や請求者の理解不足で請求できない
5.認定基準の評価の違いで不支給になっている

要するに、ミスは許されないですし、実際、障害年金をもらえていない人が多いというのが現状です。
そのためには、やはりその道の専門家に任せる方が安心です。

特に当事務所では、着手金は無料にてサポートさせていただいておりますので、リスクがないと言えます。
まずお一人で悩まず、専門家に一度ご相談下さい。

 

人工透析が必要な方へ

腎不全などの腎臓病などの症状が悪化していき、正常に腎臓が動かなくなったときに人工透析が行われます。
人工透析を受ける方は、その人によって様々ですが、非常に辛いことに変わりはません。

ただ人工透析を受けた・もしくは受ける場合、高い確率で障害年金がもらえるのです。
ここでは、人工透析を受けている方が障害年金をもらうためのノウハウをご提供します。
是非、ご覧ください。


障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など