日常の生活状況が正しく伝えられていないケース

【相談者の状況】

障害基礎年金をご家族が請求者ご本人を代理して請求し、不支給決定通知書を受けていました。

ご本人は、30歳代の方で精神障害を持ち、常時家族の援助を受けなければ、日常生活ができない状態でした。

その状況は、障害認定基準の2級相当に該当していました。

 

【不支給理由の確認】

まず主治医の診断書を確認させていただきました。

すると、はっきりとご本人の生活状況と一致していない医師の所見内容が数か所ありました。
また、ご家族が代理して作成した申立書の記載に決定的な問題がありました。
そのため、障害年金の2級に相当する状況であったにもかかわらず、不支給決定通知を受けてしまっていました。

 

【解決策としての行動】

医師に説明してご本人の生活状況と診断書の判定が一致するよう、再度正しい判定の診断書を取り直し、申立書も日常生活実態を反映した内容で作成して、再請求の手続きをとっています。

 

【コメント】

今回のように、ご家族がご本人を代理して診断書を依頼したり、申立書を作成したりする場合に、ご本人の生活状況を正しく医師に伝えられていない場合や、申立 書の記載内容が不十分であったりすることはよくあることです。そのため、納得のいかない結果となってしまう場合も多いのです。

一度不支給決定がされると、再請求するときのハードルは当然高くなってしまいます。
ご自身で請求手続きをする前に、是非一度私たち専門家にご相談ください。

無料相談を実施しておりますので、お気軽にご連絡ください。
(無料相談のお申込みはこちらをクリック)

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など