急性大動脈解離で請求したケース(障害厚生年金加入)

【相談者の状況】

46歳の男性の方が、8月に急性大動脈解離を発生し、その日に、大動脈弁を置換する大手術を受けました。

心臓の大動脈弁を置換する事は手術の内容によっては、生命にかかわります。

手術も無事に終える事ができ、手術後の経過が良く回復する事ができました。

現在では、ほぼ日常生活に支障が無い程、回復され、デスクワークには、負担も無く、もともとの仕事に復帰できています。

相談に来られた時には、手術を終えられ、3年を経過していました。

【請求結果】

当相談センターで障害年金の請求を行った結果、障害厚生年金の3級で、請求が認められました。

現在、患者様がお持ちになっていた診断書1枚だけで、請求ができ、障害厚生年金の3級が認められました。

 

【解決策として行動】

手術の日が初診日と障害認定日と認められるケースであり、手術後の経過を待たなくても、障害年金を請求できます。

病院が変わる場合は、それぞれの診断書が必要になる場合があるが、最初にお会いしたときから、1ヶ月弱で請求を行う事ができた。

手術後の経過も良好で、状況をスムーズに聞く事ができ、迅速に請求を行う事ができました。

 

【コメント】

術後の経過が良好で、日常に不便をきたしていない状態であっても、障害厚生年金の3級を請求できるケースです。

障害年金を請求した結果、月12万円(年間150万円弱)をもらう事ができるようになりました。

他にはペースメーカーの方や、人口肛門の方も、日常生活は不自由なくすごせるのに、障害年金を受け取る事ができる方がおられます。

手術を受けて、ひょっとしたら障害年金がもらえる可能性がある方は、障害年金相談センターに、ご連絡下さい。

 

⇒末尾にお仕事が忙しくて平日のお休みが来れない方のために土日休日の無料相談もお受けしています。お気軽にご連絡ください。

心疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など