私が障害年金を請求してもよいのでしょうか。

質問

私のように、うつぎみで会社を休職している者が、国に対して、障害年金の支給を請求してもいいのでしょうか?

答え

はい。要件を充たしているのであれば、是非請求されることをお勧めします。
精神的な病気を持つ方やそのご家族が、なぜか障害年金の請求をしりごみされる場合があるようですが、障害年金制度は一般の損害保険制度と同じと考えていただいてかまわないのです。

私たちは万が一のことがあった場合に保険金を支払ってもらうために毎月保険料を払っています。

例えば、火災保険に加入している人が不注意でボヤを発生したとします。自宅の修理に300万円かかるとしたら、損害保険会社に保険金を請求するのに躊躇する人はいないと思います。
また、医療保険に加入している人が、手術のため入院したとします。その入院費を保険会社に請求することをためらう人もいないでしょう。

それと同じように障害年金も国に請求することを躊躇したり、ためらったりする必要はまったくありません。

国民年金や厚生年金保険、共済年金保険に加入していて、その保険料を払っていた貴方が、「障害を持った」という保険事故に遭われて「障害年金」という保険 金の支払いを請求をするのは当然の権利を実行するだけのことです。現に障害年金の支払いを求めることは、「裁定請求」という言葉を使います。けっして生活 保護の場合のように「請求」するのではないのです。日本国民に対して認められた正当な権利請求でしかないのです。

障害年金Q&Aの最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など