初診日から3年経過後からの遡及

質問

私は現在50歳です。過去10年間糖尿病の治療を受けていましたが、6年程で症状が重くなり、人工透析を開始するようになりました。

障害年金は遡及請求できると聞きましたが、症状が重くなったころから現在までの期間について遡及請求できますか?

答え

結論から申し上げますと、貴方の場合、残念ながら遡及請求はできません。

障害年金を遡及請求する場合の起算日は、障害認定日(初めて医療機関で受診をしてから原則として1年6か月後)に限定されます。

つまり、障害認定日以後いつでも任意に、自分の症状が重くなったときを起算日として遡及請求をするということはできません。

障害認定日において、症状・障害が軽くて、年金が定める障害状態に該当していない場合は、その後、症状が悪化した日以降に障害年金を請求することができます(事後重症請求といいます)。

事後重症請求した場合は、年金は請求した日の翌月分からの支給となります。請求する日までにすでに障害状態に該当していても、その該当時点にさかのぼって支給されることはありません。

また、原則65歳になると事後重症請求をすることができなくなりますので、お早目の請求を行う必要があります。請求時の年齢にも注意が必要です。

障害年金Q&Aの最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など