障害者手帳について

障害者手帳についてお知りになりたい方へ

ここでは、障害手帳について解説していきます。

障害手帳は経済面では、様々な税の控除(所得税、住民税等など)や交通機関の運賃減免、公共施設(博物館や美術館、映画館など)の利用料減免待遇を受けることができます。

数々のメリットがある制度でありますが、それだけに取得する場合、煩雑な手続きが必要となります。

 

障害者手帳の請求

障害者手帳には、障害に応じた3種類の手帳があります。これらの手帳を取得することにより、障害の程度に応じて福祉サービスを受けることができます。

障害の認定につきましては、医師の診断や専門家の審査・判定等により障害者手帳の交付が決定されます。

下記ページでは、障害者手帳の請求方法について解説していきます。

>> 詳しくはこちら

 

障害者手帳を取得するメリット・デメリット

経済面では、様々な税の控除(所得税、住民税等など)や交通機関の運賃減免、公共施設(博物館や美術館、映画館など)の利用料減免待遇を受けることができます。(控除項目は各発行自治体によって異なります)

メリットばかりの障害者手帳ですが、人によってはデメリットと感じることがある人もいます。

ここではそのメリット・デメリットについて 解説していきます。 

>> 詳しくはこちら

 

障害者手帳の請求手続きの流れ

障害者手帳を取得するためには、提出物を揃え、区役所福祉課に請求する必要があります。

1.市役所福祉課に請求したい旨を伝える
※こちらから申し出れば、手続きの流れなどの説明をしてくれます

2.上記の福祉課から「指定医師診断書」を受け取る

3.上記各医療機関に市役所福祉課で受け取った「指定医師診断書」を提出し、診断書を作成してもらう
(医療機関では簡単な問診、場合によっては検査、測定などをされる場合があります。)

4.市役所福祉課に各提出物を持っていき、福祉課にある手帳交付(再交付)請求書を記入、提出する

ここでは障害者手帳の請求手続きの流れについて 解説していきます。 

>> 詳しくはこちら

 

障害年金と障害者手帳の違い

障害年金と障害者手帳を同じものとして認識されている方が数多くいらっしゃいますが、両者は全くの別物です。

ここではその違いについて解説していきます。

>> 詳しくはこちら


障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など