うつ病で障害基礎年金2級を請求できた例

1 相談に来られた時の状況  

 お母さまとご本人がご相談にお越しになりました。ご本人は職場のストレスが原因で不眠に悩まされるようになりました。

しばらくは不眠状態で激務に耐えておられましたが心身ともに疲労が蓄積し、心療内科を受診したところ、うつ病と診断されました。

睡眠薬の副作用のため意識が朦朧とし、騒音問題を起こして住居の立ち退きを迫られ、現在は障害者支援施設に入居されていました。発症以来、一貫して強いうつ状態が続いておられ、お母さまもご心配のご様子でした。

2.当センターの見解

 ご本人はすでに障害者支援施設で暮らしておられ、就労ができない状況でした。

睡眠薬を服用しても症状はよくならず、強い憔悴感から大量服薬してしまうこともあり、施設の職員にお薬の管理をしてもらわなければいけない状況でした。

ときには食欲が一切なくなり身の回りの清潔にも無頓着になってしまうことから見ても、生活全般において多くの助言や援助が必要な状況であることから障害基礎年金2級相当であると判断しました。

 

3 サポート依頼を受けてから年金請求までに行ったこと

①不眠の症状が現れた頃のお話や、睡眠薬を常用しながら無理な生活をされていた時期、会社でご苦労されていた件などを詳しくお聞きし自己申告書をまとめました。

②上記の自己申告書を添えて、主治医に診断書作成の依頼をしました。

③発病から現在までの受診履歴や、会社での人間関係で悩み始めた経緯など、ご本人がいかに苦労されながら現在にいたっているのかをお聞きし、時系列にまとめて病歴就労状況等申立書を作成しました。

 

4 結果

 上記の取り組みにより、基礎障害年金2級(年金額約78万円)の認定通知を受けることができました。障害年金を受給することでご本人の不安感が少しでも軽減され、今後ゆっくりと静養されることを願っております。

精神疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など