双極性感情障害の方が障害基礎年金2級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況  

 ご本人とお母様のお二人でご相談に来られました。ご本人は就職をした直後からストレスを感じるようになり、不眠に悩まされるようになりました。

お仕事は長く続けることができず人間関係がうまくいかなくなり、食欲不振が続いたそうです。精神科を受診し双極性気分障害と診断されました。

現在は投薬治療を続けておられますが、時に感情を抑制できず爆発的に興奮してしまうといった症状に悩んでおられます。

2.当センターの見解

 ご本人は易怒的に感情を爆発させることが多く、興奮して過呼吸発作を起こすなど、生活全般に支障が出ている状況でした。

ご家族とも衝突することが多く、処方されたお薬を発作的に大量服薬してしまったこともおありでした。

極度の感情障害のため就労は難しく、身の回りのことの多くに援助と助言が必要な状況であることから、障害基礎年金2級相当であると判断しました。

 

3 サポート依頼を受けてから年金請求までに行ったこと

①ご父様からご本人のこれまでの日常生活での問題点や、金銭管理ができず、生活全般において援助が必要である状況を詳しくお聞きし、自己申告書を作成しました。

②上記の申告書を添えて、医師に診断書を依頼しました。

③発症時から現在までのご本人の生育状況や、就職後に人間関係で悩み始めた時期の状況、その後、アルバイトを転々とされていたときのご様子や、服薬治療を始められた時期のご様子などをお聞きし、病歴就労状況申立書を作成しました。

4 結果

 上記の取組により、障害基礎年金2級(年金額約78万円)の認定通知を受けることができました。ご本人を支えておられるご家族からも大変喜んでいただけました。障害年金を受給できることが、ご本人の社会復帰へのお力添えになりますことを祈念しております。

精神疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など