脳動静脈奇形で半身不随の方が障害基礎年金2級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況

  お父様とご本人が無料相談会にお越しになりました。ご本人は中学生の時にスポーツ中に頭痛があり身体のしびれもあったために受診したところ、脳動静脈奇形と診断されました。

ガンマナイフ手術を受けられた後、ご就職されましたが、しばらくすると再び症状があらわれ、2度目のガンマナイフ手術を受けられました。

しかし、手術から一年後には右半身麻痺の症状が強く現れるようになり、転倒することも多くなったために長年勤務された会社を退職されました。現在では、懸命にリハビリに通われていますが、ゆっくりとしか歩けず、右手は左手で支えないと持ち上がらない状態でとてもご不便そうでした。

2.当センターの見解

 ご本人は外出の際など杖を使用しないと転倒のおそれがあり、ご自宅で起き上がるときなどは支えてもらわないと起き上がることが難しく、右手で何かをつかんだり支えたりすることが全くできない状況でした。日常生活は常に介助が必要であるので、障害基礎年金2級相当であると判断しました。

3 サポート依頼を受けてから年金請求までに行ったこと

① ご本人から日常生活でご不便を感じている作業や動作など詳しくお聞きし、自己申告書を作成しました。

② 上記の申告書を添えて、医師に診断書を依頼しました。

③ ご本人の生育状況や学生時代に頻繁に起きていた激しい頭痛やしびれのご様子、就労後の体調の不調を詳しくヒアリングしました。二度実施された手術後の症状の変化なども詳しくお聞きし、お身体の障害が原因で退職に至った経緯を含めて時系列にまとめ、病歴就労状況申立書を作成しました。

 4 結果

 上記の取組により、障害基礎年金2級(年金額約78万円)の認定通知を受けることができました。ご本人は今後もリハビリに励み、社会復帰することを強く希望されていました。前向きなご本人の姿が大変印象的で、当センターとしましても、お身体を大事にされながら頑張っていただきたいと願わずにはおられませんでした。

脳疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など