てんかんを伴う、うつ病の方が障害厚生年金2級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況

  ご本人と奥様が無料相談会にお越しになりました。ご本人は大変お忙しい勤務をこなされていましたが、徐々に不眠に悩まれるようになりました。

ご病気を認めたくないというお気持ちから、前にもまして仕事に打ち込まれるようになりました。しかし疲労はますます蓄積し、うつ病と診断されました。投薬治療を受けながら、相変わらず激務をこなしていましたが、職場でてんかんを発症し救急搬送され、現在は退職されご自宅で静養されておられました。

2.当センターの見解

 ご本人は抗うつ症状が強く記憶障害もあり会話は続かない状態でしたので再就職は難しい状況でした。

アルコールに依存気味で、自殺願望も強く奥様はご本人から目が離せない状況で、日常生活における身の回りの多くに援助が必要である状態であることから、障害厚生年金2級に相当すると考えました。

3 サポート依頼を受けてから年金請求までに行ったこと

① 日常生活のご様子を奥様から詳しくお聞きしました。お食事はとれているか、金銭感覚は正常なのかなど注意深く聞き取りをし、ご本人の問題点を簡潔にまとめ、自己申告書をまとめました。

② 上記の自己申告書を添えて、主治医に診断書作成の依頼をしました。

③ 発病から現在までの受診履歴や、ご本人が無理をされながら激務をこなしていたときの状況と、退職されるまでのご様子や精神状態を時系列にまとめて病歴就労状況等申立書を作成しました。

 4 結果

 上記の取り組みにより、障害厚生年金2級の認定通知を受けることができました。奥様の加給分も加算され、約166万円の障害年金を受給することができました。ご本人には障害年金を受給されながら、経済的なご負担を思い煩うことなく、ゆっくりと静養していただきたいと願っております。

てんかんの最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など