原発不明癌の方が厚生年金2級を受給したケース

1 相談に来られた時の状況

ご本人のご主人からメールをいただき、
ご相談予約をお取りいただいた上で、
当センターにお越しいただきました。

ご本人は会社の健康診断で脇の下あたりの張りを指摘され、
精密検査を受けた結果、扁平上皮癌と診断されました。

いくつかの病院で検査を受けられたものの、
癌の原発巣を発見することはできないまま抗がん剤治療を受けられていましたが、
ご相談に来られた時は抗がん剤治療から緩和治療へと治療方法を変更されておられました。

 

2 当センターの見解

ご主人からご本人のご様子をお聞きしたところ、
ご本人は緩和治療のため入退院を繰り返しており、
移動は車いすを利用しておられることがわかりました。

体全体に広がる激しい痛みがあるため緩和治療を受け、
一日の殆どをうとうととしておられることから見ても、
障害等級1級または、2級相当であると判断しました。

 

3 サポート依頼を受けてから年金請求までに行ったこと

①ご主人からご本人の抗がん剤治療のご様子や、
日常生活の様子を詳しくお聞きし、自己申告書としてまとめました。

②上記の書類を添えて、診断書を医師に依頼しました。

③健康診断で指摘された時期から現在までのご本人の受診状況や、
就労していた時期の体調の変化、抗がん剤治療のために退職されたことなどを
時系列にまとめて、病歴就労状況等申立書を作成しました。

 

4 結果

上記の取り組みにより、障害厚生年金2級の認定通知を無事に受け取ることができました。

しかし、大変残念なことに、ご本人が受給決定直後に逝去されてしまいました。
ご本人が亡くなられたことにより、未支給年金手続きの書類を提出し、
約132万円を受給資格のあるご主人がお受け取りになりました。

ご主人から、心のこもったねぎらいのお言葉を頂戴し大変恐縮いたしました。

がんの最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など