洞不全症候群の方が障害厚生年金3級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況

ご本人がご相談に来られました。
ご本人は2年前に会社でめまいを起こし倒れ、そのまま失神してしまったそうです。

同僚に病院まで送ってもらう間に再び失神し、途中から救急搬送されました。
緊急入院をし、すぐにCT,MRI、レントゲン検査を受け、心臓の洞結節の働きが低下し
脈が遅くなったり、止まってしまう症状があらわれる、洞不全症候群と診断されました。

2 当センターの見解

ご本人は救急搬送された直後に、体内型ペースメーカー植え込みの手術を受けられており、
障害厚生年金3級であると判断しました。

3 サポート依頼を受けてから年金請求までに行ったこと

  • ①担当医師に診断書の依頼をしました。

  • ②出来上がった診断書を拝見したとところ、初診の病院名と通院年月日が間違えて記載されている
    ことに気が付きました。担当医に加筆訂正の依頼をしたところ、一切応じていただけなかったため、日本年金機構の障害厚生年金担当者あてに、「診断書の記載の一部に誤りがあるが、未訂正のままである」旨の事情証明書を添えて提出しました。
  • ③会社で突然めまいを起こし、失神した時の状態と救急搬送されてすぐに手術に至った経緯、
    現在会社を休職されている状況をまとめ、病歴就労状況等申立書を作成しました。

  • ④ご本人が保管していた健康診断書の結果票や心電図をいただき、
    年金請求の書類に添付して提出いたしました。

4 結果

上記の取り組みにより、障害厚生年金3級の認定通知を受け取ることができ、
約61万円の障害厚生年金を受給することができました。担当医に依頼した診断書に誤りがある場合は大変多いのですが、加筆訂正に応じていただけないというのは、まれなケースでした。

しかし、無事に障害年金を受け取ることができ、ご本人はもとより当センターも同様に安心いたしました。

心疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など