急性大動脈解離で手術した方が障害厚生年金3級を受給したケース

1 相談に来られた時の状況

ご本人が無料相談会にお越しになりました。

ご本人はご自宅でくつろいでいる時に突然、腰の痛みを感じたそうです。
腰の痛みは胸部に広がっていき、娘さんが救急車を依頼し搬送されました。
検査をした結果、急性大動脈解離(StanfordA型)と診断され、
緊急手術となり、人工血管置換手術を受けられました。

手術前は、女性トラック運転手として活躍されていましたが、重いものを持ったり、
階段を駆け上がったりすることを医師から制限され、座ってできる事務受付のお仕事に転職し、高血圧と心臓の投薬治療を続けられていました。 

 

 2 当センターの見解

ご本人は通常の方とほぼ同じ生活を送られているものの、人工血管置換手術を受けられており、障害認定基準により、障害厚生年金3級に該当しました。

また、当センターにご相談に来られるまで、置換手術後、
すでに3年経過していましたが、手術を受けた病院に、
当時の症状を表す診断書の発行を依頼することで、遡及請求も可能であると考えました。

 

3 サポート依頼を受けてから年金請求までに行ったこと

① 現在の主治医に今の症状についての診断書作成を依頼しました。

② 遡及請求に必要な人工血管置換手術の時の診断書を、手術を受けた病院に依頼しました。

③ 救急搬送された際の状況と、手術後のご様子、退院後に軽作業のお仕事に転職されたことを時系列にまとめて病歴就労状況等申立書を作成しました。

 

4 結果

上記の取り組みにより、障害厚生年金3級の認定通知を受けることができ、年金額約60万円を受給することができました。また、遡及請求も認められ、197万円の一時金を受け取ることができ、たいへん喜んでいただけました。

心疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など