脳梗塞による半身不随で障害厚生年金2級を受給できたケース

1 相談に来られた時の状況

ご本人が直接ご相談に来られました。

ご本人は車の運転中に突然眩暈と痙攣をおこし、救急搬送されました。

救急搬送された病院に入院用ベッドが空いていないという理由で転送されました。
脳梗塞と診断され、血栓を溶かす処置を受けました。

退院後は物が2重に見える複視や、呂律の回らない言語障害、左半身の麻痺などの後遺症に悩まされていました。

ご本人の頑張りで職場復帰はされていましたが、以前のようには活動できず、
呂律が回らないため職場の電話対応などが出来なくなり、ご不便を感じておられました。

2 当センターの見解

ご本人はお仕事に復帰されたものの、以前のように精力的に活動することが出来ず、職場でも
電話対応が出来なくなり配慮を受けていました。

また左半身の麻痺により小さな段差で転んでしまうため、杖を使用して歩行しなければなりませんでした。

日常生活においても着替えなどはご家族の協力がないと難しく、障害認定基準に照らして、
障害厚生年金2級に相当すると判断しました。

3 サポート依頼を受けてから請求までにやったこと

①ご本人の日常生活の中で不自由と感じていることを詳しく聴取し、
診断書発行時に添える自己申告書をまとめました。

  •  ②救急搬送され、入院をした病院の医師に診断書を依頼しました。

③発症時のご様子や救急搬送された時の状況、発病前とその後のお仕事内容の変化などをお聞きし、時系列にまとめて病歴就労状況等申立書を作成しました。

4.結果

上記の取り組みにより、障害厚生年金2級の認定通知を受けることができ、約160万円の年金を受給することができました。

障害年金の更新となった3年後にもお電話をいただき、更新手続きを担当させていただきました。

 

脳疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など