右視床出血(脳出血)による半身不随で障害厚生年金2級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況(男性 50代 無職 遡及なし)

ご本人が直接ご相談に来られました。

ご本人はご自宅で食事をしている際、体に力が入らず立ち上がれなくなり、救急搬送された先で右視床出血(脳出血)と診断されました。

救急搬送される途中で意識を失ってしまい、気が付いた時は集中治療室だったそうです。

懸命にリハビリをされましたが、現在でも言語障害と左半身に麻痺が残ってしまい、ご自宅で過ごされていました。

 

2 当センターの見解

ご本人は懸命にリハビリを続けられていましたが、半身が不自由なために自宅で足をひねってしまい、足には補助装具を装着し、杖も常時必要な状態となってしまいました。

生活全般に関してご質問させていただいたところ、着替えなどお一人では難しく、排泄に関してもご不安があるとのことで、日常生活全般において重度の支障があるとことがわかり、障害厚生年金2級に相当すると判断しました。

 

3 サポート依頼を受けてから請求までにやったこと

  •  ①ご本人の日常生活の中で不自由と感じていることを詳しく聴取し、自己申告書をまとめました。

  • ②上記の自己申告書と年金請求用の診断書や記載要綱などを一式にし、救急搬送され、入院をした病院の医師と、現在リハビリのために通院している病院それぞれに診断書を依頼しました。

  • ③発症時のご様子や救急搬送された時の状況、発病前とその後のお仕事内容の変化などをお聞きし、時系列にまとめて病歴就労状況等申立書を作成しました。

4.結果

上記の取り組みにより、約161万円の障害厚生年金2級の認定通知を受けることができました。

相談者様はお一人暮らしなので障害年金を利用してヘルパー利用など公的サービスを受け、生活が安定されることと思います。

脳疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など