統合失調症の方が障害基礎年金3級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況(30代 女性 無職 遡及なし)

ご本人とお母さまが無料相談会に来られました。

ご本人は専門学校をご卒業後、美容関係のお仕事に就かれましたが、次第に精神的に不安定になられたそうです。

無理をされながらお仕事を続けられるなか、悪口が聞こえるなどの幻聴が出始め、男性に対し極端に緊張するようになってしまいました。

心配した上司の勧めで精神科を受診したところ、統合失調症と診断されました。

現在は、お仕事に就いても幻聴や不安感から、長く続けることが出来ず、お母さまが大変心配されていました。

 

2 当センターの見解

ご本人は常に不安がっておられ、お仕事に就いても同僚から悪口を言われているような気がしてコミュニケーションがとれない状態でした。

また、死にたいと訴え不眠状態であったため、お母さまがご本人と一緒の布団に眠るなど、ひと時も目が離せない状況でした。

日常生活における身の回りのことも多くの援助が必要な状態であることから、障害厚生年金2級ないし3級相応であると判断しました。

 

3 サポート依頼を受けてから請求までにやったこと

    • ①お母さまから、ご本人の日常生活の問題点を詳しくまとめ、自己申告書を作成しました。
      ② 上記の自己申告書を添付し、現在通院中の病院に診断書の依頼をしました。
      ③ 就職されてから幻聴が始まった時期のご様子をご本人からお聞きし、お母さまにも協力していただきながら、病歴・就労状況申立書を作成しました。
      ④ 当センターとしては、障害年金2級相当なのではないかとの見解を持っていましたが、しかし実際発行された診断書は3級相当との判定でした。必要書類の一式をまとめ、年金事務所に提出しました。

4.結果

上記の取組により、障害厚生年金3級(年金額約59万円)の認定通知を受けることができました。

お母さまには、もし、ご本人の症状がさらにひどくなってしまった場合は、将来、額改定請求も可能であるとご説明させていただきました。

 

 

精神疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など