急性大動脈解離でステントグラフト内挿術を受けた方が障害厚生年金3級を受給した件

1 相談に来られた時の状況(男性 50代 遡及なし 就労中)

ご本人が奥様とご一緒に当センターの無料相談会に来られました。

ご本人はお仕事中に突然激しい胸の痛みを感じ、救急車で搬送されたそうです。

搬送先で急性大動脈解離と診断され、入院後に足の痺れが広がる感覚があり再度CT検査を受けられたところ、右外腸骨動脈真空閉塞が認められたそうです。

胸部大動脈瘤ステントグラフト内挿術を受け、手術後は一時人工透析を受けられたそうです。

退院後は職場復帰されていましたが、重いものを持たないよう気を付けるなど、生活全体が変化してしまい、ご不便を感じられているようでした。

2 当センターの見解

人工血管置換術(ステントグラフト留置術)を受けられた方は、職場復帰されていても障害等級3級に相当します。

ご本人の就労状況をお聞きしたところ、初診の時、厚生年金に加入していることがわかりましたので、障害厚生年金3級を請求できると判断しました。

3 サポート依頼を受けてから請求までにやったこと

    • ① 大動脈弁置換手術を実施した内容をご本人の生活のご様子をお聞きし、自己申告書にまとめました。
      ② 上記の自己申告書を添えて、現在の診断書の発行を病院に依頼しました。
      ③ 手術前と手術後のお身体の変化や、手術に至った経緯をお聞きし、病歴就労状況等申立書を作成しました。
      ④ すべての必要書類を揃え、ご本人の署名押印を頂き、年金事務所に提出しました。


4.結果

上記の取り組みにより、障害厚生年金3級の認定通知を受け取ることができ、約59万円の障害年金を受給することができました。

お仕事に復帰されている方でも人工物を体内にいれる手術を受けられたことで障害年金を請求できたケースです。

 

心疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など