骨肉腫で手術を受けられた方が障害厚生年金3級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況(男性・40代・就労中・遡及なし)

ご本人が当センターにご相談に来られました。
ご本人はある日、下腹部当たりにピンポン玉くらいのしこりがある事に気が付いたそうです。痛みはなかったものの、ご近所の病院を受診し、詳しい検査を受けられ、腫瘍であると診断されました。念のためセカンドオピニオンで他の病院の診断もお受けになり、骨肉腫と診断されて、除去手術を受けられ抗がん剤治療を受けられました。ご相談に来られた時は定期的に経過観察を受けられながら、職場復帰されていました。

2 当センターの見解

ご本人はお仕事に復帰されて、通常に近い生活を送られているものの、肘から固定する杖を使用しないと歩行が難しく、ゆっくりとしか歩けないため、横断歩道を渡り切ることができない大変苦労されていました。

最初にしこりを感じ、病院を受診された際、加入年金が厚生年金でしたので、障害等級3級相当で請求できると考えました。

3 サポート依頼を受けてから請求までにやったこと

  • ① ご本人の日常生活の様子や、不自由と感じていることを詳しくお聞きし、自己申告書をまとめました。
    ② 上記を添えて診断書を医師に依頼しました。
    ③ 初診を確定するための、受診状況証明書を拝見しましたら、転医してしまった患者なのでわからない、との医師のご意見から、初診を確定するための記載がありませんでした。そこで、当センターから追記のご依頼のお電話をし、年金請求に必要な記載をしていただきました。
    ④ 違和感を感じられた時のことや、手術のご様子、その後職場復帰された時の状況を尋ね、時系列にまとめて病歴就労状況等申立書を作成しました。
    ⑤ 上記書類と添えて年金請求書類として提出しました。

4.結果

上記の取り組みにより、障害厚生年金3級の認定通知を受けることができ、年金額約66万円を受給が決定しました。後日、ご本人からお礼のお手紙をいただきました。

がんの最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など