てんかんで障害基礎年金2級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況(女性・20代・無職・遡及なし)

ご本人とお父様がご相談に来られました。
ご本人は幼い頃からひどい頭痛があり、気を失うこともあったそうです。次第に症状はひどくなり小学生の頃に検査をした結果てんかんと診断されました。
投薬治療を続けながら大学進学をされましたがてんかん発作がいつ起こるかわからない恐怖からストレスを感じ、誹謗中傷されているような幻聴に悩むようになったそうです。
就職された後も通勤途中にてんかん発作で救急搬送されるなどご苦労されており、ご相談に来られた時はご自宅で過ごされていました。

2 当センターの見解

ご本人は学生時代からてんかん発作で何度も救急搬送されていました。
社会に出られた後も、アルバイト先でてんかん発作を起こすなど、なかなか発作が治まらないため、大変ご苦労されていました。
ご相談に来られた時も意識を消失する発作を月に一度起こしており、障害基礎年金2級に相当すると判断しました。

3 サポート依頼を受けてから請求までにやったこと

  • ① ご本人が生活するうえで不便に感じていることや、てんかん発作のため精神的に落ち込みがちな状況を詳しくお聞きし自己申告書をまとめました。
    その際、最近のてんかん発作の月平均の回数や、発作時に意識の消失などがあることも自己申告に記載しました。
    ② 上記の自己申告書を添えて、主治医に診断書作成の依頼をしました。
    ③ 幼少の頃から現在までの通院履歴や救急搬送の回数、時期などをお聞きし、時系列にまとめて病歴就労状況等申立書を作成しました。

4.結果

上記の取り組みにより、基礎障害年金2級(年金額約78万円)の認定通知を受けることができました。障害年金を受給することでご本人の不安感が少しでも軽減され、今後ゆっくりと静養されることを願っております。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など