双極性障害で体感幻覚(セネクトパチー)のある方が障害厚生年金2級を請求できた件

1 相談に来られた時の状況

 奥様とご本人のお二人で当センターにご相談にお越しになりました。
ご本人はお仕事の悩みから双極性感情障害を発病されました。次第に体幹幻覚(セネクトパチー)に悩まされるようになったそうです。

その症状はなかなか周囲に理解されにくく、双極性障害で治療を続けながら、セネクトパチーであると診断されるまで大変長い時間がかかり、ご苦労されていました。

2 当センターの見解

ご本人の体感幻覚(セネクトパチー)はとても深刻で、口が裂けていくような恐ろしい感覚や、頭上から水が流れ落ちるような感覚と、全身に広がる痛みや痺れなどで大変ご苦労されていました。

お仕事は復帰しようと努力されましたが、ご相談に来られた時はお仕事を休まれており、日常生活全般に奥様の援助を必要としている状態でした。ご本人の過去の就労状態をお聞きし、初診時、厚生年金加入であったことで障害厚生年金3級または2級相当であると判断しました。

3 サポート依頼を受けてから請求までにやったこと

  • ① 診断書作成依頼にあたり、ご本人と奥様から日常生活の状況を詳しくヒアリングし、自己申告書をまとめました。
    ② 上記の自己申告書と障害年金の診断書記載要綱を添えて、奥様と同行して医師に診断書の依頼をしました。
    ③ 発病から現在までの受診履歴や、ご本人がいかに苦労されながら現在にいたっているのかをお聞きし、時系列にまとめて病歴就労状況等申立書を作成しました。

4.結果

上記の取り組みにより、障害厚生年金2級の認定通知を受け取ることができました。

また奥様とお子様の加給分を含め、年間、約191万円の年金額を受給することができました。ご本人はもとより、心配されていた奥様もホッとされたご様子でした。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など