胸髄腫瘍の方が障害共済年金1級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況(50代・男性・遡及なし・無職)


ご本人がご相談に来られました。ご本人は視野が狭くなっていることを感じ、当初は眼科を受診したそうです。そこから脳神経外科を紹介され、詳しい検査をした結果、脳腫瘍と診断され摘出手術を受けられました。

経緯観察として治療を続けている最中、足の痺れが強く出たため改めて精密検査をしたところ、脊髄に腫瘍があることがわかり再び手術する事になりました。ご相談に来られた時は下肢不全麻痺になっておられ、自力で歩行が出来ず、常時車いすをお使いでした。

2 当センターの見解

ご本人は下半身の強い痺れと機能障害のため歩行が困難で、就労はできない状態でした。
長くお勤めしていた公務員のお仕事は休職を余儀なくされ、身の回りのことは奥様にサポートしてもらわないと生活できない状態でした。

漢方薬やブロック注射など様々な治療をお受けになり闘病しておられ、自立歩行できないなど障害の度合いが大きく、障害共済年金の2級または1級が受給可能であると判断しました。

3 サポート依頼を受けてから請求までにやったこと

  • ① ご本人から、日常生活動作の障害(洋服の着脱や歩行がどのくらいできるかどうかなど)を詳しくお聞きし、自己申告書を作成しました。
    ② 上記の自己申告書を添付し、現在通院中の病院に診断書の依頼をしました。
    ③ 体調が悪くなられて最初に受診した病院に受信状況証明書の発行を依頼し、初診の証明としました。
    ④ 障害共済年金請求に必要な書類をすべてまとめて、共済年金事務所に提出しました。

4.結果

上記の取組により、障害共済年金1級の受給が決定し、奥様の加給を含めて年金額約207万円の支給通知を受けることができました。今後も長く治療を続けられるご本人のお力になったと感じ、当センターとしても満足のいく結果でした。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など