うつ病で障害厚生年金2級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況(30代・男性・休職中・遡及なし)

お父様と無料相談会にお越しになりました。ご本人はお仕事で責任のある立場になってから、夜2時間おきに目が覚めるようになり、残業時間、休日出勤の増加と責任の重さから徐々にお体に不調が現れるようになったそうです。

無気力感、不眠状態が著しくなったので病院を受診したところ、うつ病と診断されたそうです。通院しながら服薬し、お仕事を続けていましたが、状態は安定せず、3回の長期休職をされていました。

3度目の復職後、お仕事の重圧から多量服薬し、自殺企図したことによりうつ病の悪化と診断され、再度長期休職に入っていました。現在も無気力感が続き外出ができず、また眠りたい願望が強く日中から飲酒をしてしまう状況でした。

2 当センターの見解

ご本人は抑うつ症状が強く、就労できない状況でした。意欲低下、希死念慮が長引いており、食欲もなく、ご両親の目の届く状態での生活を送られていました。生活全般において多くの助言や援助が必要な状況であり、障害厚生年金2級相当であると判断しました。

3 サポート依頼を受けてから請求までにやったこと

  • ①不眠の症状が現れた頃のお話や、無理な生活をされていた時期、会社でご苦労されていた件などを詳しくお聞きし自己申告書をまとめました。
    ②上記の自己申告書を添えて、主治医に診断書作成の依頼をしました。
    ③発病から現在までの受診履歴や、激務をこなされていたときのご様子をお聞きし、ご本人がいかに苦労されながら現在に至っているのかを、時系列にまとめて病歴就労状況等申立書を作成しました。

4.結果

上記の取り組みにより、障害厚生年金2級の認定通知を受けることができ、約136万円の障害年金を受給することができました。ご本人はもちろん、ご本人を心配されているご両親もほっとされたご様子でした。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など