大腸癌の方が厚生年金2級を受給したケース

1 相談に来られた時の状況

ご本人からお電話をいただき、無料相談で当センターにお越しいただきました。ご本人はお腹に違和感があったためかかりつけの医師に相談したところ、大腸癌と診断されたそうです。

治療を続けておられましたが現在は人工肛門と、人工膀胱の手術を受けられ、就労先では短時間労働の配慮を受けておられました。治療を受けながらご自分で障害年金請求をするのは大変なので、ご依頼されたいとのことでした。

2 当センターの見解

ご本人は懸命に抗がん剤治療をお受けになりながら、お仕事を続けられていました。
しかし、人工肛門と人工膀胱(尿路変更)の手術を受けられていました。また肺への転移もあるため今後も長い治療を続けなければいけない状態でした。

就労中ではあるものの、時間を短縮した勤務条件と変更になっており、お仕事も休みがちの状態でした。生活全般において援助が必要であることから、障害厚生年金2級相当であると判断しました。

3 サポート依頼を受けてから請求までにやったこと

  • ① 高血圧症で通院していた病院で大腸癌が見つかったとのことでしたので、その病院に受信状況証明書を依頼し初診の証明としました。
    ② ご本人の抗がん剤治療のご様子や、日常生活の様子を詳しくお聞きし、自己申告書としてまとめました。
    ③ 障害年金専用の診断書や記載要綱など、医師が見てわかりやすい書類セットを作成し、上記の自己申告を添えて医師に診断書依頼をしました。
    ④ 体調の悪くなった頃から現在までのご本人の受診状況や、抗がん剤治療中の副作用の症状をお聞きし、病歴就労状況等申立書を作成しました。
    ⑤ 上記書類と必要書類をまとめて年金事務所に提出しました。

4.結果

上記の取り組みにより、障害厚生年金2級の認定通知を無事に受け取り、
奥様の加給分を含めて、年間約190万円の障害年金を受給できることになりました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など