筋強直性ジストロフィーで障害厚生年金2級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況

奥様とご一緒に無料相談会にお越しになりました。会社の健康診断で採血を行い、肝機能障害が認められ、精密検査を受けた結果、進行性筋ジストロフィーと診断されたそうです。
徐々に握力が低下し、ペットボトルのふたを開けたり、雑巾をしぼることもできなくなっていったそうです。

歩行速度も遅くなっていき、足のしびれから1分以上の起立が困難になり、杖や手すりがないと歩行や階段の昇降ができない状態になっておられました。
進行性の難病のため特定の治療法もなく、将来に不安を持たれておられました。

2 当センターの見解

ご本人は杖を使用しての歩行が困難になっていて、車椅子の使用も考えておられました。
握力も測定不能まで低下しており、着替えや日常生活もたくさんの援助を必要としていました。

発症後に身体障害者手帳3級を交付されており、現在のお体のご様子からも障害厚生年金2級相当であると判断しました。

3 サポート依頼を受けてから請求までにやったこと

  • ① ご本人の日常生活の様子や、不自由と感じていることを詳しくお聞きし、自己申告書をまとめました。
    ② 筋強直性ジストロフィーの個別具体的症状や、生活全般に多くの援助が必要であることを診断書に記載していただくように、自己申告を添えて医師に依頼しました。
    ③ 発症時から現在までのご本人の受診状況、日常生活やお仕事での困難なご様子をお聞きし、ご本人がいかに苦労されて現在に至っているのかを、時系列にまとめて病歴就労状況等申立書を作成しました。

 

4.結果

上記の取り組みにより、障害厚生年金2級の認定通知を受けることができ、奥様の加給
も加算され、約153万円の障害年金を受給することができました。ご本人はもちろん心配
されていた奥様もほっとされたご様子でした。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など