うつ病の方が障害厚生年金2級を受給できた件

1 相談に来られた時の状況

ご本人が無料相談に来られました。ご本人は会社でのパワハラで悩んでいる矢先、お引越し先の隣家とのご近所トラブルで悩まれ、精神的に落ち込むようになったそうです。
勤勉な方で、今まで一度も会社を休んだことがなかったにも関わらず、ある日突然、どうしても出勤ができなくなったそうです。現在は会社を休職し、精神科に定期的に受診しながらご自宅で静養されていました。ご相談に来られた時も、抑うつ症状がおありで、こちらからの質問にやっとお答えになっている状態でした。

2 当センターの見解

ご本人は休職されており退職を決心しておられました。ご自宅では、ぼんやりと過ごしておられ、強い憔悴感から消えてなくなりたいと考えてしまうなど、ご家族が目を離すことが出来ない状態でした。
私たちとのお話しもなかなかできず、緊張しておられる様子から、症状は重いと感じました。また、長年同じ会社に勤務されており、障害厚生年金3級または2級相当ではないかと考えました。

3 サポート依頼を受けてから年金請求までに行ったこと

① 現在の生活全般について、現在の症状をご本人からお聞きし、自己申告書にまとめました。お話しを伺っていると、お医者様にもまだ伝えられずにいる自殺願望があることを教えてくださいました。
② 上記のヒアリングでご本人のご家庭でのご様子や、無口なために医師に伝えきれていない精神症状をまとめた自己申告書を添えて、主治医に診断書作成の依頼をしました。
③ 会社で受けていたパワハラで精神的に不安定となった経緯や、過呼吸発作を起こした時のご様子などをお聞きし、時系列にまとめて病歴就労等申立書を作成しました
④ 年金請求に必要な書類をご本人に用意していただき、不備のないようまとめて年金事務所に提出しました。

4 結果

上記の取り組みにより、障害厚生年金2級の認定通知を受け取ることができ、また奥様とお子様の加給分(約45万円)を含め、年金額203万円を受給することが出来ました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など