糖尿病性腎症の方が障害共済年金2級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況

ご本人が当センターにご相談に来られました。会社の健康診断で糖尿病の疑いを指摘されましたが、多忙であることと、自覚症状がまったくなかったため、10年ほど放置していたそうです。

しかし下痢が続き、物忘れがひどくなるなど体調不良が続いたため、病院を受診したところ、血糖値が600あり、すぐにインスリン治療を開始されました。しばらくは投薬治療で血糖値をコントロールされていましたが、次第に浮腫みで起き上がれなくなるなど症状が悪化し、現在は週に3回の人工透析を受けておられました。

2 当センターの見解

人工透析を受けられている方は、障害等級2級に該当しますので、初診日の確定と保険料の納付要件を充足していれば請求できると判断しました。しかし、ご本人のお話しを聞くと、最初に健康診断を受けられて異常を指摘された病院を思い出せず、インスリン治療中にお仕事が多忙で治療を中断したり、転院を繰り返しており、初診の証明をすることや、病歴の整理が難しい案件だと感じました。

3 サポート依頼を受けてから年金請求までに行ったこと

① 会社の定期検診で異常を指摘された頃を思い出していただき、食事や運動の指導を受けた病院を思い出していただきました。病院に問い合わせてみるとカルテがすでに廃棄されているとのことでした。
② カルテが廃棄されている病院のお近くの薬局で、お薬を処方されていたことを思い出していただいたので、薬局に保険調剤のデータがないか問い合わせをしました。
処方薬や回数のデータはないものの、病院で「受診状況証明書が添付できない申立書」にサインをもらい、薬局の来店証明書、さらに異常数値の記載のある健康診断書のコピーをセットにし、初診の証明としました。
③ 現在人工透析を受けているクリニックに診断書の発行依頼をしました。
④ 通院を中断した時や転院した病院全ての整理し、またお仕事を休職され、退職に至った経緯を時系列にまとめ、病歴就労申立書を作成しました。

4 結果

上記の取り組みにより、障害共済年金2級の認定通知を受け取ることができ、約165万円の障害年金を受給することができました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など