広汎性発達障害の方が20歳前傷病で障害基礎年金2級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況

お母様からご相談の連絡があり、ご本人と一緒に無料相談会にお越しになりました。
数年前にお母様が障害年金請求手続きをされた時は不支給決定になってしまったそうです。

ご本人は幼少期から集団行動が出来ずに孤立してしまい、対人関係で精神的にストレスを感じていたそうです。就労支援事業所に通所していましたが、体調不良から遅刻や休みが多く、手先の不器用さから課題も十分に出来ないため、就労の見通しは立たない状況でした。

2 当センターの見解

他人とのコミュニケーションが図れず、そのことから精神的ストレスを感じてしまうようでした。ストレスがたまるとパニック状態となり、意識を消失し失神してしまうこともあり、精神不安定な状態が続いていました。
こだわりが強く、日常生活においてもお母様の援助が常時必要な状況であり、障害基礎年金2級相当であると判断しました。

3 サポート依頼を受けてから請求までにやったこと

  • ① 日常生活において困難、不便に感じていることなどを詳しくお聞きし、自己申告書にまとめました。

    ② 上記の自己申告書を添えて、主治医に診断書作成の依頼をしました。

    ③ 出生時から現在までの受診履歴や、幼少期のご様子をお聞きし、ご本人がいかに苦労されながら現在に至っているのかを、時系列にまとめて病歴・就労状況等申立書を作成しました。

4.結果

上記の取り組みのより、障害基礎年金2級の認定通知を受けることができ、約78万円の障害年金を受け取ることができました。過去に一度不支給になっていた経緯もあり、ご本人はもちろん、心配されているご家族もほっとされたご様子でした。年金受給によりご本人の精神的な不安が少しでも軽減されることを期待しています。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など