大動脈弁閉鎖不全症・上行大動脈瘤の方が障害厚生年金3級を受給した例

1 相談に来られた時の状況

ご本人がホームページを見て、無料相談会にお越しになりました。ご本人は休日に家族と外出されていたところ、倒れられて救急搬送されたそうです。これまで毎年、会社の健康診断で心電図検査を受けられていましたが、異常を指摘されることはなく、自覚症状もなかったそうです。
搬送された病院で、大動脈弁不全症・上行大動脈瘤と診断を受け、大動脈弁置換術と上行大動脈人工血管置換術を受けられました。ご相談にお越しになった時は職場復帰されていましたが、仕事や日常生活において、制限のあるご様子でした。

2 当センターの見解

ご本人はお仕事をしながら、定期的に経過観察のため、病院を受診していました。通常に近い生活を送られているものの、大動脈弁置換術を受けており、障害者手帳1級をお持ちでした。初診日加入年金が厚生年金でしたので障害等級3級相当で障害厚生年金を請求できると考えました。(国民年金加入の場合は障害基礎年金となり障害等級2級以上でないと障害年金を受け取れません。)

3 サポート依頼を受けてから請求までにやったこと

  • ① 大動脈弁置換手術・上行大動脈人工血管置換術を実施した後の、ご本人の生活のご様子をお聞きし、自己申告書にまとめました。

    ② 上記の自己申告書を添えて、手術日の翌月分からさかのぼって支給されるように、手術から3ケ月以内の現症の診断書発行を病院に依頼しました。

    ③ 倒れられて救急搬送されてから手術後の経過や現在のお仕事や日常生活でのご様子などをお聞きし、病歴就労状況等申立書を作成しました。

    ④ 上記書類を添えて年金請求書類として提出しました。

4.結果

上記の取り組みにより、障害厚生年金3級の認定通知を受けることができ、年金額約70万円を受給することができました。順調に書類の提出ができ、請求から1ヶ月半での受給決定となったため、ご本人にとても喜んでいただけました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など