若年性アルツハイマー型認知症で障害厚生年金1級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況(男性、50代、無職、遡及なし)

奥様、息子様に付き添われてご相談に起こしになられました。ご本人は運転のお仕事をされておりましたが、接触事故を起こしたり、日報が書けなくなり、会社の上司から受診を勧められていいましたが。家でも、外出時に迷い人になり保護されたことがあり、家族に伴われて脳神経外科を受診し検査の結果、若年性認知症と診断されました。働ける状況ではなかったので休職されました。日中、奥様が出勤中は、家で一人で過ごすことが出来ないので奥様のお母さまが同居して面倒を見ておられました。

2 当センターの見解

認知症専門の病院に通院し服薬治療を受けていましたが、胆石のため、救急搬送され手術が必要になりました。その経過観察の間に、怒りの感情がコントロールできず、お義母様にけがをさせてしまいました。怒りを落ち着けるため、精神科に入院することになり、胆石の手術は延期になりました。認知症の症状は進行し主治医に重度障害域であると診断されていたことから、障害年金1級相当であると判断しました。

 

3 サポート依頼を受けてから請求までにやったこと

  • ①現在のご本人の症状や生活全般の状態を、奥様からお聞きし、自己申告書にまとめました。
  • ②上記の自己申告書を添えて、主治医に診断書の依頼をしました。
  • ③職場で受診を勧められた経緯から、症状が進行していく中での生活全般のことを奥様からお聞きしました。また認知症専門病院だけでなく、胆石などの他の病気の治療、入院歴もお聞きし、時系列にまとめ病状就労状況等申立書を作成しました。
  • ④以上の書類を整えて障害年金請求をしました。

4.結果

上記の取り組みにより、障害厚生年金1級の認定通知を受け取ることが出来、約203万円の年金(奥様の加給年金約22万円を含む)を受給することが出来ました。常にご本人を支えておられれる奥様からも大変喜んで頂きました。

受給事例の最新記事

脳疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など