てんかん・精神遅延で障害基礎年金2 級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況(女性、40代、無職、遡及なし)

ご本人と暮らしておられる叔母様が相談に来られました。ご本人には知的障害があり、ご両親に代わり叔母様が幼少期より身の回りの世話をされていました。高校生の頃、初めて発作が起こり意織を失い、 救急搬送されたそうです。投薬治療を続けながら、障害者雇用で就労されましたが、てんかん発作で倒れることもあり、作業中の危険性を指摘されて解雇になったそうです。その後も、投薬治療を継続していま したが大発作により階段から落ちて、頭部を数針縫い、前歯を折る大怪我を負ったそうです。ご本入は自 分の症状や痛みを訴えることができず、現在も意識を失うてんかん発作が続いているため、常に見守りが必要な状況でした。

2 当センターの見解

ご本人はてんかん発作で何度も救急搬送されていました。就労された後も、発作による負担が大きく、 大変ご苦労されていました。ご相談に来られた時も意識を消失する発作が月に2~3 回あり、障害基礎年金2級に相当すると判断しました。

3 サポート依頼を受けてから請求までにやったこと

  • ①ご本人の現在のご様子や生活する上で不便に感じていることを詳しくお聞きし自己申告書をまとめました。その際、最近のてんかん発作の月平均の回数や発作時に意識の消失などがあることも自己申告に記載しました。

    ②上記の自己申告書を添えて、主治医に診断書作成の依頼をしました。

    ③高校生で発症されてから現在までの通院履歴や救急搬送の回数、時期などを詳しくお聞きしました。また、知的障害もお有りだったので、誕生から今日までの経緯を時系列にまとめて病歴就労状況等申立書を作成しました。

4.結果

上記の取り組みにより、障害基礎年金2級(年金額約78万円)の認定通知を受けることができました。 後日、ご本人とお暮らしの叔母様より心のこもったお礼のお手紙をいただきました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など