双極Ⅱ型障害の方が障害厚生年金3級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況(男性、50代、休職中、遡及なし)

ご本人がお一人でご相談に来られました。ご本人は、大手企業の第一線で活躍しておられましたが、ストレスで仕事中に気分が悪くなるようになり、胃炎やひどい下痢の症状が長く続いたそうです。会社の産業医から病院を紹介してもらい受診したところ、双極Ⅱ型障害と診断されました。病院で治療を続けながら復職プログラムにも参加しておられましたが、抑うつ症状が強いと外出できない日が多くあり、一年近く休職している状況でした。

2 当センターの見解

ご本人は、体調に波があり、うつ状態が強いと何もする気が起きず、一日中横になったまま過ごしています。日常生活における身の回りのことは奥さまがほとんどされており、多くの援助が必要でした。ご本人の状態をお聞きし、加入年金が厚生年金であることから、障害等級3級相当で請求できると考えました。(国民年金加入の場合は障害基礎年金となり障害等級2級相当以上ないと障害年金を受け取れません。)

3 サポート依頼を受けてから年金請求までに行ったこと

①胃炎や下痢を繰り返していた時期と服薬をしながら復職プログラムに参加していた時期、会社でご苦労されていた件などを詳しくお聞きし自己申告をまとめました。

②上記の自己申告書を添えて、主治医に診断書作成の依頼をしました。

③発病から現在までの受診履歴や、激務をこなされていたときのご様子をお聞きし、ご本人がいかに 苦労されながら現在にいたっているのかを、時系列にまとめて病歴就労状況等申立書を作成しました。年金事務所にご本人の年金納付要件が満たされているか調査したところ、未納期間があるとの回答があり、ご本人とご主人に確認をしました。

4 結果

上記の取り組みにより、障害厚生年金3級(年金額約89万円)の認定通知を受けることができました。後日、満足のゆく年金請求が実施できたとして、ご依頼人様から感謝のお手紙を頂戴しました。障害年金を受給できることが、ご本人の社会復帰へのお力添えになりますことをお祈りしております。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など