統合失調症で障害基礎年金2級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況(女性 20代 無職 遡及なし)

お母さまとご本人がご相談にお越しになられました。ご本人は高校に入学した頃から幻視や妄想が始まりました。精神科に通院し服薬治療を受けましたが、高校は通学出来なくなり、中退しました。被害妄想や衝動性の症状が重くなり暴力的な行為があり保護入院をされました。退院後は、就労支援事業所に通い就職を目指しましたが、病状は安定せず、入退院を繰り返しておられまた。強い被害妄想に苦しめられ電車の中でトラブルを起こしたり、感情のコントロールが出来ず、家族ともコミュニケーションがとれないことがありました。

2 当センターの見解

担当医からアルバイトを禁止されていましたが、住み込みのアルバイトをするため家を出られました。治療も一時中断されましたが、アルバイト先から帰宅し、ご家族のサポートのもと通院を再開されました。病院の先生、お姉さま、お母さま、地域支援者の方々からの援助が必要な状態であることから、障害基礎年金2級であると判断しました。

3 サポート依頼を受けてから年金請求までに行ったこと

 ①診断書作成依頼にあたり、日常生活のことを、ご本人とお母さまからヒアリングし、自己申告書にまとめました。

②途中、ご本人が家を出て、通院を中断したので、通院を再開するのを待って、受診日に上記の自己申告書を添えて、担当医に診断書作成の依頼をしました。

③発病から現在までの生活のご様子を詳しくお聞きし、時系列にまとめて病歴就労状況等申立書を作成しました。

4 結果

20歳前傷病で、障害基礎年金2級の認定通知をうけるとることができ、約78万の年金を受給することが出来ました。お母さまも安心され、とても喜んでいただけました。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など