うつ病の方が障害厚生年金2級を受給できた件

1 相談に来られた時の状況

当センターのホームページをご覧になり、ご本人と奥様が無料相談に来られました。ご本人は大手企業に勤務されていますが、会社の不祥事をきっかけに職場環境が悪くなり、不眠の症状に悩まされるようになりました。病院で治療を続けながらも、お仕事に励まれ、周りからは順調に昇進されているように見受けられました。しかし、徐々に責務に対してのプレッシャーが大きくなり、ある日突然出勤ができなくなったそうです。現在は会社を休職し、治療をしながらご自宅で療養されています。ご相談に来られた時も、ご本人はつらい事を思い出すと具合が悪くなるため席をはずされ、奥さまにお話をお伺いする状況でした。

2 当センターの見解

ご本人は10年以上の長期にわたり、休職を繰り返しておられました。ご自宅では、憂鬱感や不安感から消えてなくなりたいと口にするなど、ご家族が片時も目を離すことが出来ない状態で、症状は重いと感じました。また、長年同じ会社に勤務されており、障害厚生年金2級相当ではないかと考えました。

3 サポート依頼を受けてから年金請求までに行ったこと

        •  ①日常生活において困難、不便に感じていることなどを詳しくお聞きし、自己申告をまとめました。

          ②上記の自己申告書を添えて、主治医に診断書作成の依頼をしました。

          ③発病から現在までの受診履歴や、服薬をしながらお仕事をされていた頃のご様子をお聞きし、ご本人がいかに苦労されながら現在にいたっているのかを、時系列にまとめて病歴就労状況等申立書を作成しました。

4 結果

上記の取り組みにより、障害厚生年金2級の認定通知を受け取ることができました。また奥様とお子様の加給分(約45万円)を含め、年金額約197万円を受給することが出来ました。ご本人には障害年金を受給されながら、ゆっくりと治療に専念していただきたいと思っております。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など