くも膜下出血で障害基礎年金2級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況(50代 女性 遡及なし)

ご親族とお嬢様とご本人の3人でお越しいただきました。ご本人はご自宅で意識不明になり、救急搬送されました。検査の結果、脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血と診断され、手術を受けられました。その後回復期に入り、リハビリテーション病院で、言語聴覚、理学療法、作業療法のリハビリを受け、退院後は通所リハビリセンターに通われました。訪問リハビリや、デイサービスも利用されておられました。

2 当センターの見解

左半身に痺れや痛みがあり麻痺が残っていて、左手が使えないため家事全般ができず、歩行に障害が有り、短い時間しか歩けないなど、日常生活が大変不自由で、生活全般においてご家族の介助を受けておられました。また、物忘れや、すぐに言葉がでない、数字が分からないなど高次機能障害の状態もおありでした。以上の経過から、障害基礎年金2級相当であると判断しました。

3 サポート依頼を受けてから年金請求までに行ったこと

        •  ①お嬢様とご本人から日常生活での不自由な点や、福祉サービスの利用状況をお聞きし、診断書の作成依頼に添える自己申告をまとめました。

          ②上記の自己申告を添えて医師に診断書の作成を依頼しました。

           ③ご自宅で倒れて手術を受けられた時から、リハビリをされながらの現在までのお体の状態や生活のご様子をお聞きし、病歴・就労状況等申立書を作成しました。

4 結果

上記の取り組みにより、障害基礎年金2級の認定通知をうけることができ、約78万円の年金を受給することができました。年金の支給が決定し、ご本人も安堵されたご様子でした。

その他の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など