中等度精神発達遅延の方が障害基礎年金2級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況(女性、20代、就労中、遡及なし)

お母様とご本人が無料相談に来られました。ご本人は小学生の頃に担任の先生から発達の遅れを指摘されたそうです。中学校では特別支援学級に進学され、高校は特別支援学校に入学しました。ご家族に支えられながら健やかに成長され、現在ではご本人の特技を生かし、整体院でマッサージ見習いとして働いておられました。穏やかな性格の方とお見受けしましたが、中度の知的障害があるため、ご両親も今後のことを大変心配されているようでした。

2 当センターの見解

ご家族からご本人の生活状況についてお聞きしたところ、困った事や嫌な事を我慢してしまうため、トラブルに巻き込まれることが多く、周囲が常に気遣って声かけをしていることがわかりました。職場には通えているものの、翌日の準備はご家族がするなど注意深くご本人をサポートしなければ就労は難しいとのことでした。したがって、障害基礎年金2級相当であると考えました。

3 サポート依頼を受けてから年金請求までに行ったこと

①ご本人の日常生活や、生活状況全般について注意深くお聞きし、自己申告書を作成しました。

②上記の自己申告書を添えて医師に診断書の作成を依頼しました。

③ご本人が中等度精神発達遅延により、日常生活の全般にわたり援助が必要な状態であることや、お仕事から帰られた後、疲れて横になってしまうご様子などをお聞きし、「病歴・就労状況等申立書」にまとめました。

4 結果

上記の取り組みにより、障害基礎年金2級(年金額約78万円)の認定通知を受けることができました。障害年金を受け取ることができ、ご両親のご心配が少しでも減ったことと思います。ご本人も整体院のお仕事を頑張りながら、楽しく社会活動に参加し続けられるよう願っております。

受給事例の最新記事

発達障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など