うつ病の方が障害厚生年金2級を遡及できた例

1 相談に来られた時の状況(男性、30代、無職、遡及有り)

初回は、奥様とご一緒にご相談にお越しになられました。不眠や腹痛があり、受診され服薬治療を続けておられましたが、気分の低下、強い疲労感は改善されず、仕事は退職されました。睡眠障害のため、記憶が無いまま夜間に徘徊することがあり、経済観念も無くなり高額な買い物をされていました。他人とのコミュニケーションが上手くとれずトラブルが絶えない状態でした。過量服薬や自傷行為もおありでした。

2 当センターの見解

ご依頼を受けてから 現実認識の能力低下のため約半年通院ができなくなられ、薬のみを奥様が貰いに行かれておられました。通院ができるようになられても奥様が必ず同行され、日常生活全般において奥様の援助を受けて生活されておられました。以上の状態から障害厚生年金2級相当で認定日請求もできると判断しました。

3 サポート依頼を受けてから年金請求までに行ったこと

①初診日を確定するため初診の病院に受診状況等証明書の発行を依頼しました。

②認定日の頃の状態と、現在の状態を詳しくお聞きし、それぞれ自己申告としてまとました。

③上記を添えて医師に認定日と現在の診断書の作成をそれぞれ依頼しました。

④具合が悪くなられた時から現在までの病状や日常生活の状態を詳しくお聞きし、時系列にまとめて病歴・就労状況等申立書を作成しました。

4 結果

ご依頼を受けてから、途中で受診ができなくなった時期がおありでした。その間は奥様とご連絡をとりながら書類の準備を進め、受診ができる日を待ちました。受診を再開されてすぐに診断書の発行依頼をし、無事年金請求ができました。その結果、奥様とお子様の加給分も含め約173万円の障害厚生年金2級の認定通知を受け、同時に3年間の遡及も認められ、約502万円の初回入金を受けることができました。ご心配されていた奥様も安心されたご様子で、感謝のお手紙もいただきました。受診が途絶えても、あきらめないようご家族をサポートさせていただくことで請求が認められ、当方も嬉しく思いました。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など