急性大動脈解離で障害厚生年金3級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況(男性、50代、就労中、遡及なし)

ご本人と奥様がご相談に来られました。半年前の起床時に胸に激しい痛みがあり救急搬送され、急性大動脈解離StanfordA型と診断されました。生命にかかわる危険な状況だったことから、すぐに人工血管を挿入する手術を受けられました。手術後リハビリに取り組まれていた最中に、今度は心臓に液体が溜まった状態になり、排出する手術も行なっておりました。現在は職場復帰されていますが、お仕事や日常生活において、かなり制限のあるご様子でした。

2 当センターの見解

ご本人は人工血管を挿入した後も、激しい運動や重たい物を持つなどの労働に制限があり、生活全般にわたりご苦労されている状態でした。したがって、現在就労中であっても障害厚生年金3級相当で請求ができると判断しました。

また本件は、手術の日が障害認定日と認められるケースであるため、直ちに障害年金を請求できることをご本人にご説明しました。

3 サポート依頼を受けてから年金請求までに行ったこと

①ご本人の日常生活の様子や、不自由と感じていることを詳しくお聞きし、自己申告を作成しました。

②上記を添え、主治医に手術後入院中の診断書を作成依頼しました。

③救急搬送された際の状況と、手術後のご様子、退院後に職場復帰されたことを時系列にまとめて「病歴・就労状況等申立書」を作成しました。

④上記の他、必要な書類を整えて障害年金請求をしました。

4 結果

上記の取り組みにより、障害厚生年金3級(年金額約117万円)が認められました。ご本人も大変安堵されたご様子で、後日心のこもった感謝のお手紙をいただきました。

受給事例の最新記事

心疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など