うつ病の方が障害厚生年金2級を請求できた例

1 相談に来られた時の状況(男性、40代、無職、遡及なし)

ご本人と奥さまがご相談に来られました。ご本人のお仕事は夜勤勤務が主で、昼間の時間帯に寝る生活をしておりましたが、転居後に騒音が原因で不眠に悩まされるようになりました。しばらくは不眠状態で激務に耐えておられましたが、ストレスが蓄積され心身ともに疲れ果ててしまったそうです。会社も休みがちになり、心療内科を受診したところ、うつ病と診断されました。現在は退職して治療に専念されておりますが、一貫して強いうつ状態が続いており、奥さまもご心配のご様子でした。

2 当センターの見解

ご本人はご家族のために一日も早く社会復帰したいという気持ちを強くお持ちでしたが、焦りからかえってうつ症状は強くなる一方で、就労が難しい状況でした。奥さまからお話を伺ったところ、身の回りの清潔にも無頓着になってしまい、一日中横になっている状態とのことでした。生活全般において多くの援助が必要な状況であることから障害厚生年金2級相当であると判断しました。

3 サポート依頼を受けてから年金請求までに行ったこと

①不眠の症状が現れた頃のお話や、寝ずに無理な生活をされていた時期、会社でご苦労されていた件などを詳しくお聞きし自己申告書をまとめました。

②上記の自己申告書を添えて、主治医に診断書作成の依頼をしました。

③発病から現在までの受診履歴や、職場で苦情処理の対応をされていた頃のご様子などをお聞きし、時系列にまとめて「病歴・就労状況等申立書」を作成しました。

④上記の他に必要な書類を整えて、年金事務所に提出しました。

4 結果

上記の取り組みにより、厚生障害年金2級の認定通知を受けることができ、また奥様とお子様の加給分(約45万円)も加算され、約166万円の障害年金を受給することができました。障害年金を受給することでご本人の不安が少しでも軽減され、ゆっくりと静養されることを願っております。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など