横行結腸がんの方が障害厚生年金2級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況(男性、40代、無職、遡及なし)

奥さまよりご予約のお電話があり、当センターの無料相談にお越しいただきました。

ご本人は1年程前、急に腹部に激しい痛みが起こり、腸閉塞の状態で緊急入院されたそうです。横行結腸がんと診断され、その後腹膜と肝臓に転移が見つかりました。遠方地にある専門病院で手術を受けられ、つらい副作用のある抗がん剤治療をされておりました。後日、入院中のご本人を訪ねたところ現在容体は落ち着いていらっしゃいましたが、依然として予断を許さない状態が続いており、ご家族もとても心配なご様子でした。

2 当センターの見解

ご本人は大腸、腹膜、肝臓の腫瘍の摘出手術をお受けになってから、抗がん剤治療をされておりました。日常生活にも支障をきたし、ご家族の介助が必要で、就労はできない状況でしたので、障害等級2級相当と判断しました。

がんでの障害年金請求は、請求する時期の見極めが重要です。本件の場合は、障害認定日(初診日から1年6ヶ月を経過した日)以後に請求が可能となりますが、ご相談に来られた時点ではまだ障害認定日に達していませんでした。そこで、障害認定日に達した時点で早く年金事務所に提出できるよう、必要な書類をあらかじめ整えておくことをお伝えしました。

3 サポート依頼を受けてから年金請求までに行ったこと

①胃腸炎で内科を受診された日を初診日とし、「受診状況等証明書」を病院に依頼しました。

②奥さまからご本人の抗がん剤治療のご様子や、日常生活の様子などを詳しくお聞きし、自己申告書としてまとめ、主治医に障害認定日以降の診断書を作成依頼しました。

④診断されるまでの状態や手術後のご様子、発症時から現在までのご本人の受診履歴を時系列にまとめて、「病歴・就労状況等申立書」を作成しました。

⑤上記の他に必要な書類を添え、年金事務所に提出しました。

4 結果

上記の取り組みにより、障害厚生年金2級の認定通知を受けることができ、また奥さまとお子さま二人の加給分(約75万円)も加算され、年金額約215万円を受給することができました。三人のお子さまを育てながらご主人の闘病を支えていらっしゃる奥さまも大変安心されたご様子で、「これからも私たちのような患者と家族を救ってください」と後日心のこもったお手紙をいただきました。今後も依頼者様に寄り添いながら、ご期待にかなうご支援に努めなければと身が引き締まる思いでした。

がんの最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など