「外傷性脳梗塞」で障害基礎年金1級が受給できた例

1 相談に来られた時の状況

奥様から相談のお電話をいただき、当センターにご夫婦でお見えになりました。約5年前に交通事故が原因で脳梗塞を発症し、その後遺症で左半身付随になられたとのことでした。お見受けした限り、杖での歩行が、かなりご不自由なご様子でした。自営のお仕事も続けることが困難になり、経済的にも困窮し、途方に暮れていらっしゃいました。


事故の1年前に1度軽い脳梗塞を発症し、リハビリ入院されていた経緯があり、その事と当該事故との関連を気にされていましたが、できれば、障害認定日の診断書の発行も依頼して、遡及請求をすることを希望されていました。   
  

2.当センターの見解

 左半身の機能が上肢・下肢とも全く用を廃している状態であり、常時杖使用で、かつ左足に常時補装具を付けていました。事故当時国民年金加入であったので、障害基礎年金1級に相当すると判断しました。ご本人の日常生活能力は、杖を使用したとしても、歩行能力に著しい支障があり、常時介助がないと安全に生活できないこと、また、事故1年前の脳梗塞と事故との因果関係がないことを診断書上明示してもらうべきと考えました。

 

3 サポート依頼を受けてから年金請求までに行ったこと

① リハビリテーション科の医師から、障害認定日頃の診断書と現状の診断書の2枚の発行を依頼し、「いずれも運動麻痺、並行機能障害について最重度な状態である」と表示した診断書(肢体の障害用)を発行してもらいました。また、「1年前の脳梗塞と本件脳梗塞との因果関係は不明である」旨記載してもらいました。
  
② ご本人や奥様から、事故発生時から今日までの治療経過やリハビリ訓練の過程を詳細にヒアリングし、何度もメールをやり取りして確認したうえで、「第三者行為事故状況届」および「病歴・就労状況等申立書」を作成しました。

 

4 結果

上記の取り組みにより、障害基礎年金1級(年金額約97万円)の受給通知を受けるとともに、約3年半の遡及請求も認められ、約350万円の一時金も受取ることができました。ご本人はもとより、実際介助されていた奥様にもたいへん喜んでいただきました。
当センターとしても最初の判断通り1級の認定となり、安堵した次第です。

脳疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など