20歳前傷病の統合失調病で障害基礎年金2級が受給できた例

1 相談に来られた時の状況

ご本人とお母様、お姉さんの三人でご相談にお越しになりました。

ご本人は高校在学中に統合失調症を発症され、登校しようとすると嘔吐してしまい、幻聴や妄想にも悩まされたようでした。その後も病状は進むばかりで医療保護入院のご経験もおありでした。休学の末にやっと高校を卒業後は自宅に引きこもる毎日で、お母様とお姉さんもご心配の様子でした。

後日伺ったところ、ご相談にお越しになった後も、ご本人は疲労のために寝込んでしまったそうです。

2.当センターの見解

ご本人の生活は引きこもり状態で、食欲を抑えられずに肥満の治療をするほどになっていました。また焦燥感が強く自傷行為も見られました。日常生活全般に家族の援助を必要としている状態でしたので、障害等級2級相当と判断しました。

また、障害認定日から1年以上経過していましたので、障害認定日請求(遡及請求)することも可能と考えました。

3 サポート依頼を受けてから年金請求までに行ったこと

①ご本人の日常生活についてお母様とお姉さんから詳しくヒアリングをし、医師あての自己申告書を作成しました。

②発症時から現在までのご本人の病歴や入院時の状況をご家族からお聞きし、時系列に整理して、病歴・就労状況等申立書をまとめました。

③障害認定日から1年以上経過していたので、遡及請求に必要な20歳時と現在の各診断書の2通を主治医に依頼し、発行してもらいました。

④後日、主治医から届いた診断書が、症状よりも軽い診断内容となっていたため、当該病院のソーシャルワーカーの方に面談、説明をし、主治医に実状にあった内容に訂正をしていただきました。

4 結果

上記の取組により、障害基礎年金2級(年金額約78万円)の認定通知を受けることができました。また、遡及請求も認められ、約110万円の一時金の入金もありました。お母様より、感謝のお手紙をいただき、恐縮しました。

 

精神疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など