重度自閉症の方が障害基礎年金1級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況

ご家族がご相談に来られました。

ご本人は3歳で自閉症と診断され、成長が進むにつれて症状は悪化し、自傷行為に加え他者への攻撃性も現れたそうです。支援施設でのトラブルも多く、医療保護入院を繰り返していらっしゃいました。

ご両親がご本人にかかりきりの生活のため、ご本人の妹さんは祖父母宅に預けられていました。ご本人から目が離せない生活の中で、複雑な障害年金申請をする時間はなく、ご依頼したいということでした。

 

2.当センターの見解

ご本人がパニックを起こすと暴れてしまうことや、衝動を抑えられずにお父様に噛みつくなどの問題行為があることや、近隣での迷惑行為、自傷行為などが見られ、身の回りのことがほとんどできず常時の援助が必要でしたので、障害基礎年金1級に相当すると判断しました。

 

3 サポート依頼を受けてから年金請求までに行ったこと

①ご本人の日常生活についてご家族から時間をかけてお聞きし、自己申告書を作成し、診断書の発行を依頼しました。

②発症時から現在までのご本人の生育状況、問題行動や入院措置時のご様子などをご家族から書き出していただきました。

③上記で書き出していただいたものを元に病歴・就労状況申立書を作成しました。医療機関や援助施設、保護入院の際のご様子などが多岐にわたっており、それらを時系列にまとめるのは大変な作業でした。

 

4 結果

上記の取組により、障害基礎年金1級(年金額約97万円)の認定通知を受けることができご家族も安心されたご様子でした。障害年金が受給されることで、ご本人が手厚い援助サービスを受け、ご家族の負担が少しでも軽減されることを心から願っています。

 

精神疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など