「自閉症スペクトラム」で障害基礎年金2級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況(20代、男性、無職)

ホームページをご覧になられてお母さまが、ご相談にお越しになられました。ご子息は幼少期から言葉の遅れやこだわりがあり、小学生になってからは、集団行動ができず、友達とのトラブルが絶えませんでした。中学校までは、支援員についてもらっていましたが、先生や親への暴力も有りました。高校ではいじめを受けて、通信制高校サポート校に転校されました。卒業後は自立訓練(生活訓練)サポート事業所に入所されましたが、休みがちで昼夜逆転の生活をされていました。

2 当センターの見解

医師からは、服薬治療を勧められていましたが、副作用を心配して服薬を拒否されておられました。家族との会話も無く、他人とのコミュニケーションをとることもできませんでした。6年生から中学2年生まで療育センターを受診しているので、20歳前障病による障害基礎年金2級相当であると判断しました。

3 サポート依頼を受けてから年金請求までに行ったこと

①現在の日常生活の様子・お困りのこと等を詳しくお母様からお聞きし、自己申告書をまとめました。
②上記の申告書を添えて、主治医に「診断書」の作成を依頼しました。当事務所の社会保険労務士がご本人に同行して、先生にご依頼しました。
③誕生してから現在までの20年間の成育歴や、お困りだったことをお聞きし、時系列にまとめて「病歴・就労状況等申立書」を作成しました。
④上記の書類の他、「必要な書類一式」を整えて障害年金請求をしました。

4 結果

上記の取り組みにより、障害基礎年金2級(年金額約78万円)の認定通知を受けることができました。就労することができないご本人も、ご心配されご相談にみえられたお母さまも安心され、感謝のお手紙も頂きました。

受給事例の最新記事

脳疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中!048-711-6522
障害年金 無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中!私のケース(病気、ケガ)ではもらえるの?もらえるとしたらいくらもらえるのか?申請手順や受給確率を高めるポイント..など